ビールを通して地域の魅力を打ち出す! タイニーガーデン蓼科で、地元のこだわりが詰まった新作クラフトビールの提供が開始されます。

メンズファッション
スポンサーリンク

GARDEN ALE ¥800(タイニーガーデン蓼科 レストラン提供価格)
2019年9月に「アーバンリサーチ」がオープンさせた宿泊滞在施設「タイニーガーデン蓼科」。美味しい空気と豊かな自然を心置きなく味わえるこの場所で、新たなクラフトビール「ガーデンエール(GARDEN ALE)」が8月1日(土)から発売になります。
このクラフトビールは、八ヶ岳の麓からクラフトビールのあるライフスタイルを提案し、今回のクラフトビールの製造者でもあるエイトピークスと、地元ビール愛好家および茅野市内の飲食店、ゴルフ場関係者などの総勢30名が集まる、クラフトビール醸造企画「ビアークラブ(BEER CLUB)」から生まれました。
今年1月末から計4回のワークショップを実施したという、その模様をどうぞ。




とっても楽しそうです。うらやましい…。
この「ガーデンエール」は「ビールのある生活を、地域とともに」というキーワードのもと、ビールをきっかけに地域を盛り上げるとともに結束力の強化を目指して生まれました。ビールについて学び、議論と試作検討を重ねた末、コロナ禍による一時中断がありながらも誕生した気持ちの入った1本です。
気になる味はというと、「蓼科で、キャンプ場で飲みたい最初の一杯」をイメージして、厳選した4種のホップを使って作られています。グラスに注ぐとマスカットのような香りから、グレー

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました