【2020夏】絶対観るべき映画100選 Netflix豪華!巨匠が手がける重厚必見作品 スパイク・リー編#04

メンズファッション
スポンサーリンク
【2020夏】絶対観るべき映画100選Netflix豪華!巨匠が手がける重厚必見作品 スパイク・リー編 #042020年の夏、自粛モードから解放されてもどこにも行かず自宅で時間をもてあそんでいるならつぶよりの映画を観ておきたい。warpでは毎週おすすめの映画をテーマに合わせて紹介していく。
 
今回は、ブラックムービーの巨匠・スパイク・リーが手がけた「必見の作品」を紹介しよう。『ドゥ・ザ・ライト・シング』(1989)やアカデミー賞監督賞にノミネートされた『ブラック・クランズマン』など、黒人俳優を主役としながら、人種差別という重いテーマに踏み込んだ作品を数多く手掛けており、劇中に使われる音楽はヒップホップをはじめ名盤揃い。「ブラックカルチャーを通して・考えさせられるけど、スタイリッシュ」な厳選4作品だ。さぁ、キャンドルに火を灯してワインとピザの用意はいいか? どれを観る?
『ドゥ・ザ・ライト・シング』 
 
ラジカセから流れるのはパブリックエナミーの名曲!
人種問題にLOVE&HATEのゴールドリングが光る
 
1989年の作品。日常の出来事を描きつつ、そこに潜む人種問題をあぶり出す。うだるように暑い日、ブルックリンにイタリア系父子が営むピザ屋や韓国人夫婦が営む雑貨屋に多く住む黒人たちが嫌悪感を示しながら連帯感をなんとか保っているが・・・。

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました