6人の部門長が語るこれからの「WWDジャパン」 ファッション × ビューティ、デジタル × 紙で“ONE WWD”始動 

大手メディア
スポンサーリンク
 INFASパブリケーションズは9月、ファッションとビューティ、デジタルと紙をシームレスにつなぐ組織改編を行う。キーワードは、“ONE WWD JAPAN”。両者をシームレスにつなぐことで変化に強い組織を目指す。ウィークリー「WWDビューティ」の編集部は「WWD JAPAN.com」編集部と統合し、ビューティ関連コンテンツは村上要「WWD JAPAN.com」編集長の下でSNS、デジタル、ウィークリー、新たにスタートする月刊誌、イベントの全メディアへ展開する。「WWDジャパン」編集部は引き続き向千鶴編集長のリードでファッションコンテンツの多くに責任を持ち、同じく各メディアへ届ける。1979年創刊のファッション業界紙にルーツをもつ「WWDジャパン」はどこへ向かうのか? “ONE WWD JAPAN”を形成する6つの部門長が方針を語った。


左から荒川晃久デザイン部部長、村上要「WWD JAPAN.com」編集長、櫻井啓裕INFASパブリケーションズ取締役ビジネスプランニング部部長、櫻井雅弘デジタルマーケティング部部長、向千鶴「WWDジャパン」編集長、永松哲治販売部部長 PHOTO : KAZUMA TAKIGAWA

櫻井啓裕・取締役ビジネスプランニング部部長(以下、櫻井啓):大きな転換期の今、「WWDジャパン」はポストコロナ以降のファッションおよびビューティ産業の新たな

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました