「ザラ」のバッグがメキシコで炎上 「文化の盗用」と非難されECサイトから削除

大手メディア
スポンサーリンク


メキシコで問題となった「ザラ」のバッグ(「ザラ」の日本版公式ECサイトから)


メキシコで問題となった「ザラ」のバッグが日本では4590円で販売中(「ザラ」の日本版公式ECサイトから)


現地メディアもこの問題を取り上げるている(「エル・ウニベルサル」公式ツイッターから)

 「ザラ(ZARA)」のバッグが、メキシコで日常的に使用される“メルカドバッグという”ショッピングバッグと類似していることがSNSで「文化の盗用」と批判されている。
 問題となったのは「ザラ」が販売するストライプ柄のメッシュ素材のトートバッグ。日本では7月26日現在も販売しており、価格は4590円。「ザラ」のバッグの販売価格が“メルカドバッグ”の約20倍ということも相まって、ツイッターなどのソーシャルメディアで炎上した。現地メディアもこの問題について報道したことで「ザラ」はメキシコ版のECサイトから問題の商品を削除したという。ザラからは本件に関するコメントは得られなかった。
 この問題についてメキシコのファッション史に関する書籍「エチャ エン メヒコ(メイド・イン・メキシコ)」を共同執筆したダニエル・エランツ(Daniel Herranz)氏は、「これは文化的盗用ではない。(オリジナルとされるバッグのデザインは)どこにも登録されていないし、保護も受けていない。ラテンアメリカだったらどこに

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました