連載「憧れの逸品」No.159 創業160周年を祝うタグ・ホイヤーのタイムピース。

メンズファッション
スポンサーリンク


「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」をご存じだろうか。メキシコ政府の大々的な支援のもと、1950年代に数年間だけ開催された伝説の自動車レースである。海抜3,000mを超える曲がりくねった山岳道を含む総延長3,113kmを5日間かけて走破する「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」は、世界でもっとも過酷なレースといわれた。
時は下って1962年。〈タグ・ホイヤー(TAG Heuer)〉はクロノグラフのリリースを間近に控えていた。CEOのジャック・ホイヤーが自らつくり上げた渾身の一本である。我が子同然のモデルにどんな名前をつけてやればいいのか。頭を悩ませていたそのタイミングで出会ったのが「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」だった。ジャックはその存在を知るや否や、我が子に「カレラ」の名を与えた。かつてないクリーンでピュアなクロノグラフは、アドレナリンが溢れまくっているレーサーにこそ相応しいと考えたからだ(ちなみにこのカレラを冠したプロダクトはもうひとつある。答えはポルシェだ。そう、あの「911 カレラ」である)。
ここで紹介するモデルは創業160周年を記念して登場した「カレラ」のリ・エディションだ。
ベースはオリジナルのデザインエレメントを踏襲しつつ、約80時間のパワーリザーブを誇る自社製ムーブメント「キャリバー ホイヤー02」を採用した。ムーブメントの更新に伴い、永久秒針を9時位置から6時

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました