生理用品や性教育に悩んでいます エディターズレターバックナンバー

大手メディア
スポンサーリンク

※この記事は2020年6月22日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから。
 
生理用品や性教育に悩んでいます
 今日は生理や性教育について話します。不快に思われる方もいらっしゃるかもしれません。今回、なぜこういった話をしようと思ったかというと、今、経血吸収ショーツが続々と誕生している、というニュースが上がってきたからです。女性にとって生理は基本的には長い“お付き合い”で、毎月の1週間は多かれ少なかれ、気持ちも左右されてしまいます。その不快感は身体的なことはもちろんですが、ナプキンやタンポンなどの使用感でも思うことがあります。最近は技術の進歩により、昔に比べると吸収力も高く、付け心地も良いのですが、それでもその後処理などに気持ちが滅入ることはよくあるんですよねえ。
 今、たくさん出てきている経血吸収ショーツは、その名の通り、ショーツそのものが経血を吸収してくれるので、基本的にはナプキンやタンポンが不要です。それってかなりのストレスフリーなんじゃないかな!そう思って試してみると、量が少なくなった時に使用するとかなり快適です。海外ブランドが中心でしたが、今は日本の女性起業家さんたちが日本製のブランドを立ち上げていて、日本人の体型も考えたショーツが出てきているので、一度試してもらえる

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました