【夏の自転車トップス事情】重ね着した方が涼しくなるってホント?二年がかりで試してみた。【ファイントラック】

ファッション総合
スポンサーリンク

近頃、まことしやかに囁かれる「下着(ベースレイヤー)を着た方が夏は涼しい」説。実際に、そういう看板を掲げて売り出されるモノも出現。シャツやポロシャツはもちろん、Tシャツやカットソーなどの「一枚もの」でもやっぱり下着(ベースレイヤー)を着た方が涼しいのだとか。
それホント?というわけで、TOKYO WHEELS 大阪店のベースレイヤー大好きスタッフが、二年がかりで検証してみました。文章多めでスミマセン!チューネンの汗まみれの写真のどこに需要があると言うんだ!
 
 
「着ると涼しい」はほとんどがウソ?
身もフタもないですが、恐らく世にあるほとんどの下着(ベースレイヤー)は、着てもさほど涼しくならないんじゃないかと。Tシャツ一枚で居た方が涼しいんじゃないかなと思います。
それは何故か?
大半の物が、肌に触れた時に暖かく感じてしまうからです。体感温度が上がっちゃいます。保温しちゃうんですね。
また、通気性の悪そうな、目が詰まった生地は汗をかくともうダメ。具体的な商品名を挙げるのはやめておきますが、どの街にもある量販系ショップが主力としている物です。汗をあまりかかない状態での着心地は良いのですが、汗を吸うと通気性が一気にダウン。スポーツにはもちろん普段もちょっと辛いなって感じてしまいました。
今流行り?の「接触冷感」にも、通気性が悪そうなものがまぁまぁあるので、スポー

リンク元

スポンサーリンク
ファッション総合
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました