北欧デザイン界の騎士が手がけた、あの包装紙が現代にカムバック! 郷古隆洋のバスハウスにて展示販売されます。

メンズファッション
スポンサーリンク


ジャンルや国に縛られず、代表・郷古隆洋さんの感性を撃ち抜いたインテリア雑貨を集める「スイムスーツ・デパートメント(Swimsuit Department)」。このたび実店舗である「バスハウス(BATHHOUSE)」にて、7月23日(木)より「スティグ・リンドベリ-西武の包装紙展」を開催します。












スティグ・リンドべリ(1916-1982)は戦後のスウェーデンを代表するデザイナー。陶器からテレビなどの工業デザインまで、その活躍は多岐に渡り、なかでもドローイングは彼の得意分野で、トランプや絵本にまで落とし込まれています。
今回展示されるのは、そんな彼が日本の西武デパートのために手がけた包装紙やギフトボックスです。百貨店に集う人々、所狭しと並べられる商品をモチーフにしていて、当時はこのぬくもりあるデザインが大変な人気を博していました。
貴重な陶器やトランプなども合わせて展示されるとのこと。郷戸さんが十数年かけて地道に収集した逸品を、間近で愛でられる機会です。お見逃しなく。

INFORMATION

スティグ・リンドベリ – 西武の包装紙展
会期:7月23日(木)〜8月2日(日)
場所:BATHHOUSE
住所:東京都渋谷区神宮前3-36-26 ヴィラ内川201
電話:03-6804-6288

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました