「教育」が断絶している エディターズレターバックナンバー

大手メディア
スポンサーリンク

※この記事は2020年6月17日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから。
「教育」が断絶している
 高いモノには理由がある。安いモノにはワケがある。
 実に当たり前ですが、多くの消費者は「ファッションも同じ」と認識してない気がします。対照的に、そんな「教育」が普及しているように映る業界があります。「食」です。
 高いモノは美味しい。高いモノは体にも地球にも良い。高いモノは、丹精込めて作られている。「食」では皆さん、そう思っていますよね。一方、ファッションはどうでしょうか?高いモノは素敵(多分)。高いモノは心地良く、自分にも地球にも優しい(おそらく)。高いモノは、丹精込めて作られている(コレは、だいたいそんなカンジ)と、全く同じです。でも「食」の分野では大勢が「今日は、無農薬野菜を買ってみようか?野菜の味が強くておいしいね」ってなるのに、ファッションの世界で「今日は、ラグジュアリー・ブランドで洋服を買ってみようか?やっぱりステキだね」って人はずっと少ない。なぜでしょう?「高い」と「安い」の価格差でしょうか?答えは、「教育」の有無、もしくは連動・連続性にあると思っています。
 「食」は、消費者への「教育」が首尾一貫していると思うのです。生産者は地球に優しい環境で作ったことを発信す

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました