ヴァージルの謝罪に思う エディターズレターバックナンバー

大手メディア
スポンサーリンク

※この記事は2020年6月18日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから。
ヴァージルの謝罪に思う
 この数週間、BLM運動とそれに関連する記事を米「WWD」の中からピックアップして、翻訳をウェブや紙面に掲載していますが、今回のムーブメントは賛同を表明する白人が「(黒人の運動を)利用するな」と批判され、賛同する大企業が「全然行動が伴っていない」と実態を暴かれるなど、単純には語れないものになっています。
 メディアとしての姿勢も厳しく問われており、米「WWD」も暴動や略奪の報道への偏りを自ら省みる記事を出しています。正直、私も同じ轍を踏みました……。1番目の関連記事の冒頭部分は自分への戒めも込めています。
 そんな私がどうしようもなくモヤモヤしたのは、ヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の謝罪のニュースでした(2番目の関連記事)。
 なぜ、ヴァージルは謝罪しなければならなかったのでしょうか?
 「私の店や友人の店がどんな略奪の被害を受けているかについて語ったが、それが不正に対して抗議する権利よりも、店の方が重要だと受け取られるような内容だったことを謝罪する」とのことでしたが、問題になったヴァージルのコメントは、友人が我が子のように育ててきたショップが壊されるのを見て、

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました