インターナショナルギャラリー ビームスの2020-21年秋冬 手仕事を感じるニットアイテムを強化

大手メディア
スポンサーリンク
 インターナショナルギャラリー ビームス(INTERNATIONAL GALLERY BEAMS)の2020-21年秋冬は「足元からコーディネートを考える」シーズンとして、以前から取り扱いのあるハイブランドのバッグ&シューズのセレクトを強化した。1年ぶりに「マノロ ブラニク(MANOLO BLAHNIK)」のシューズのオーダーを再開し、小花柄のショートブーツなどを買い付けた。「ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)」ではバッグの品ぞろえを1型から3~4型に増やした。


「メリル ロッゲ」はルックのニットウエア、キャミソール・パンツ全てがオーダー


「レタンヌ パリ」のニットガウンを着る片桐恵利佳ディレクター

 ウエアではここ数シーズン、ニットを強化品番に掲げて、丁寧なハンドメードの長く着られそうなブランドのアイテムを買い付けた。今秋冬は、「ロロピアーナ(LORO PIANA)」のカシミアを90%使用した「レタンヌ パリ(LETANNE PARIS)」の汎用性の高いロングガウンや、「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」のメインアシスタントだった女性が手掛ける「メリル ロッゲ(MERYLL ROGGE)」の幾何学柄のニットなどをセレクトした。
 インターナショナルギャラリー ビームスは、2018年に店舗が3フロアから2フロア

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました