自分で広げてみたマスク・ファッション エディターズレターバックナンバー

大手メディア
スポンサーリンク

※この記事は2020年6月15日に配信した、メールマガジン「エディターズレター(Editors' Letter)」のバックナンバーです。最新のレターを受け取るにはこちらから。
自分で広げてみたマスク・ファッション
 以前、「広がるマスク・ファッションの可能性」という記事を書きましたが、いやぁ、広がりましたよ。コレw。自分をモデルに、手持ちの洋服で、マスクを起点に8ルックを考えてみましたが、どうですか(笑)?下のリンクをご覧になり、ジメジメして鬱屈とした月曜日にクスリと笑っていただければ幸いです。
 それにしても気づけばマスクの話をしている、そんな時代ですね。再開したジムに通えば、運動中でも半分くらいの方はマスク姿。となると、「ファッション誌で働いているらしい。あぁ、だからあの子は、あんなにハデなのね」程度に認識されている私は、「通気性がいいヤツ、知らない?」「『ユニクロ』のは、いつ出るの?」「ミントの精油でオススメ、ない?」など、質問責めに遭うことに(笑)。個人的に愛用している「ヨシオクボ」のジャージーマスクはすでにSOLD OUTしておりますので、マスクフェアの第二弾が決まったMIDWESTや、今週催事に取り組む伊勢丹新宿本店を紹介するなど、「ニュー・ノーマル」の時代も“地道すぎるファッション伝道師”として活躍できそうです。ちなみに、スポクラ界のトレッドミル軍団においては、

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました