ジャーナルスタンダードの2020-21年秋冬 異なる要素を大胆にミックス

大手メディア
スポンサーリンク
 ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD)の2020-21年秋冬は、グランジやミリタリーなど、異なる要素を大胆にミックスしたレイヤードスタイルを強く打ち出す。例えば、リブニットのトップスにジャカードパンツを合わせたり、ワンピースにMA-1を羽織ったりなど、テイストはさまざまだが「どれもブランドのベースにあるマニッシュさと、一枚でも着られるアイテムを軸にした」と池田彰ジャーナルスタンダード レディース商品統括部マネジャー。足元にはロングブーツやサイドゴアのシューズを合わせて、8月の残暑の時期からリアルに取り入れられる秋冬のトレンドアイテムを打ち出す。


ニットトップスにタイダイ染めのシャツワンピース、ジャカードパンツをレイヤード


クラシック&レトロなムードを加えたレイヤードスタイル

 9月からは、レイヤードスタイルを継続しつつクラシックやレトロなムードを追加。チェック柄のジャケット&パンツのセットアップやレトロな花柄のワンピース、レザー風のロングスカートなど、素材や柄をハイブリッドに組み合わせて、コーディネートに新鮮さをプラスする。
 一方で、新型コロナウイルスの影響による外出自粛期間中に「自社ECでカットソー商品が例年の1.5倍ほど動いた」という傾向から、カットソー素材のトップスやボトムス、イージーケアできるニット、シャツなどのバリエーションを

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました