ゼインアーツとトリパスプロダクツ。注目アウトドアブランドのギアを一挙に見られるチャンスです。

メンズファッション
スポンサーリンク

ひと昔前のキャンプギアと言えば、全国で大規模展開する大手メーカーのものが一般的でした。けれどここ数年、インディペンデントなアウトドアブランドが続々と台頭しはじめ、ユーザーが激増中。
インディペンデントのよさは、個人の思いがそのままプロダクトに乗っかるところです。だから、大手メーカーがつくるバランスの取れたギアというより、味のある見た目や使い心地のものが多い。それが逆に、ユーザーの愛着心に繋がっていくわけです。
なかでも〈ゼインアーツ(ZANE ARTS)〉と〈トリパスプロダクツ(TRIPATH PRODUCTS)〉は、インディペントブランドのなかでも注目を集める2つ。
2018年に長野で誕生した〈ゼインアーツ〉は、自然に溶け込むデザインのテントやタープが抜群で、その拡張性の高さも人気を呼んでいます。北海道で2019年に誕生した〈トリパスプロダクツ〉は金属加工のプロ集団で、焚き火台やギアハンガーを筆頭に展開。どちらも短期間で急成長を遂げていて、いまではアウトドア好きには知られた存在です。
今回、そんな両者が群馬の桐生にある「パーヴェイヤーズ(Purveyors)」でポップアップを開催することになりました。

〈トリパス〉の人気焚き火台「GURUGURU」も全サイズラインナップ。
〈ゼインアーツ〉のシェルター「GIGI」は、インナーテントなどもあわせて展示予定。
両ブランドの全

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました