資生堂のメイクアップアカデミー「サブファ」校長に計良宏文氏が就任 “本物の力”を育みアフターコロナを生き残れ

大手メディア
スポンサーリンク



計良宏文(けら・ひろふみ)/資生堂トップヘアメイクアップアーティスト兼ヘアメイクアップアカデミー&スタジオ「サブファ」校長: 1992年に資生堂入社後、ビューティークリエイションセンター所属。インターコワフュール・ジャパン理事、日本ヘアデザイン協会(NHDK)理事・ニューヘアモード創作設定委員長、資生堂美容技術専門学校テクニカル・ダイレクター、ジャパンビューティーメソッド協会上級認定講師などを務める。 PHOTO:YUKIE SUGANO

 資生堂のメイクアップアカデミー&スタジオ「サブファ(SABFA)」は、東京・原宿駅前の複合施設のウィズ原宿内に6月18日に移転し、7月から資生堂トップヘアメイクアップアーティストの計良宏文氏が新たな校長に就任した。
 計良新校長は「尊敬する先輩方が歴代の校長を務めているのでプレッシャーはとても大きく正直迷いもあった。しかし、今までの学校を引き継ぐのではなく新たに変えてほしいという任命でもあったので、自分が次期校長として期待されているとも感じて引き受けた」と語る。
 これまでは美容師資格を持った人を対象とした「ビューティークリエイターコース」(1年間、前期週4回/後期週3回)と、「サロンメイクアップコース」(半年間、週1回)の2コースだったが、10月からカリキュラムを大きく刷新。「ベーシックメイクアップ」「ベーシックヘアメ

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました