“職人”ミズノの逆襲 奇抜なデザインの裏に勝利への自信

大手メディア
スポンサーリンク



コンセプトモデル“ザ ミズノ エナジー”

 ミズノは7月1日、新たに開発したシューズ用高反発素材“ミズノ エナジー(MIZUNO ENERGY)”を発表した。同素材は「ミズノ史上最高」という柔らかさと反発性が特徴で、約2年をかけて開発されたもの。スタンダードタイプの“ミズノ エナジー”のほか、軽量タイプの“ミズノ エナジー ライト”と最も反発性が高い“ミズノ エナジー コア”の3タイプを用意する。接地時のエネルギーを無駄なく反発力へと変えることに長け、“コア”は従来のソール素材よりも反発性を約56%向上、柔らかさを約293%向上させている。この反発性の研究にはシューズの知識だけではなく、同社が1906年の創業以来研究し続けてきた野球のバットやゴルフのクラブなど、スポーツ用具の知見も生かされているという。現在、同社としては珍しい奇抜なデザインが話題となったコンセプトモデル“ザ ミズノ エナジー(THE MIZUNO ENERGY)”(2万5000円)が販売中(ECは完売)。より軽量化したスピードモデル“ウエーブ デュエル ネオ(WAVE DUEL NEO)”(2万3000円)と“ウエーブ デュエル ネオ ロー(WAVE DUEL NEO Low)”(1万9000円)は7月中旬から順次発売予定だ。
トレンドを追わない覚悟


河野課長(左)、森田氏(右上)、益子氏(

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました