ロエベが提案する、新時代のファッションショー。コレクションを紐解く謎の箱の中身とは?

メンズファッション
スポンサーリンク

新型コロナウイルスの影響により、史上初のオンライン開催を余儀なくされた2021年春夏シーズンのパリ・メンズファッションウィーク。各ブランドによる趣向を凝らしたランウェイが見れないのは非常に残念ですが、一方で前例のない事態だからこそ生まれる新たなクリエイションにも期待が高まります。
そんな状況の中、ジョナサン・アンダーソン率いる〈ロエベ(LOEWE)〉が選んだ発表形式は、箱の中にコレクションを詰め込んだ「Show in a box」です。

約32×37cmのこの巨大なボックスは、マルセル・デュシャンの「Museum in a box」を着想源に、アンダーソンとデザインユニット「M/M(Paris)」の監修のもと制作されました。グレーのキャンバス地で覆われた長方形の箱に、ブランドネームとロゴが配されたごくシンプルなデザインとなっています。



蓋を開けると、計12個のフォルダーが顔を覗かせます。そして、真っ先に目に入るジョナサンからの手紙を読むと、ここに収められているのはコレクションを紐解くコンテンツであることがわかります。では早速、その気になる中身をチェックしていきましょう。

こちらのパンフレットには、デザインソースとなった6枚の写真、3枚の絵画、1つの彫刻作品の説明が記されています。そこには、画家のディエゴ・ベラスケスや、エル・グレコなどが名を連ねます。

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました