服好きによる服好きのためのブランド。マーティー アンド サンズの2020年秋冬コレクションが公開されました。

メンズファッション
スポンサーリンク


昔に比べてファッションの民主化が進み、誰でも良質かつ安価な服が手に入るようになりました。そんな時代において、ブランドが多大なコストと手間をかけて服を作る意味とはなんなのか。
この難解な問いに対して、ひとつの答えを提示するのが、2019年秋冬よりスタートしたドメスティックブランド〈マーティー アンド サンズ(MAATEE&SONS)〉です。
以前〈ティム(tim.)〉を手掛けていた、デザイナー松村大基さんが打ち出すのは、“感覚に訴えかけてくる何か”を持った服。この目には見えない部分を掘り下げたクリエイションこそが、他ブランドと一線を画し、デビュー3シーズン目にして早くも注目を集めている理由です。

そして今回、2020年秋冬コレクションのルックブックが到着しました。テーマに掲げられたのは、カシミヤ、アーミー、ジャケットの3つ。あれこれ説明する前に、まずは気になるルックブックをご覧いただきながら、ブランドの真髄を感じていただきましょう。



こちらのカシミア100%のカーディガンは、シャギー加工による毛羽立ちが特徴的。肌触りのいい上質な生地感は画面上からでもありありと感じ取ることができます。アイテムごとで毛足の出方が異なり、同じものがふたつとない一点物というポイントも、服好きにとってはたまらないはず。



シェットランドウール糸と和紙糸を掛け合せた強撚糸で編ん

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました