カニエ・ウェスト、米大統領選への出馬をツイッターで表明 115万“いいね”を獲得

大手メディア
スポンサーリンク


カニエ・ウェスト(右)が2018年にドナルド・トランプ米大統領を訪問した際の様子 MICHAEL REYNOLDS / EPA-EFE / SHUTTERSTOCK (c) FAIRCHILD PUBLISHING, LLC

 カニエ・ウェスト(Kanye West)は7月4日、2020年米大統領選に出馬することを自身のツイッターで表明した。しかし大統領選は4カ月後に迫っており、本気で立候補する意向なのかどうかは不明だ。
 ツイートは、「われわれは神を信じ、ビジョンを一つにして未来を築くことで、米国の約束を実現しなければならない。私は米大統領線に出馬する!#2020VISION」という内容。妻であるキム・カーダシアン・ウェスト(Kim Kardashian West)が米国旗の絵文字をつけてこれを引用リツイートしているほか、米電気自動車大手テスラ(TESLA)のイーロン・マスク(Elon Musk)共同創業者兼最高経営責任者が「全面的に支持する!」と返事を送っている。同ツイートは6日の時点で50万回以上リツートされ、約115万の“いいね”がつけられている。
 カニエは以前からドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領を支持していることを力説しており、15年には20年の、18年には24年の米大統領選に出馬すると発言するなど、政界への関心をたびたび示してきた。

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました