アーティストグラフィックとSDGsテーマにしたブランド”OPEN/END”。7/1に第一弾ローンチ!

メンズファッション
スポンサーリンク

 
ブランド”OPEN/END”は、名のように”無制限”で”自由な”個性や趣向、人種やセクシャリティなどに囚われない、ありのままで完璧という思いのもとポジティブに楽しめるものを発信する。また、若いアーティストとコラボレーションプラットフォームでもあるのも特徴だ。そんなクリエイティブな実験をするブランドの第一弾がローンチした!
 
最初のコレクションもやはり無制限ない自由。テーマ「ジェンダー平等(gender equality)」にタイのアーティストSundae Kids(サンデーキッズ)とコラボレーションした。アパレルはTシャツ、トレーナー、アロハシャツ、ショーツまで性別関係なく着れるニュートラルサイズが揃う。また、マグカップ、トートバッグ、ウォーターボトル、タオルまでプラスティックを使用しないものを展開。今回ジェンダー平等をテーマにしたコミックも注目だ。自由な発想と環境に配慮したブランドは、2020年以降、生活に密着した新しい風となるだろう。
 
https://open-end.tokyo/pages/about
Sundae Kids (サンデーキッズ)
イラスト、コミック、グラフィックノーベルやアニメーションなどの様々なメディアを使って制作。そのインスピレーションは日常生活で身の回りに起きる楽しいこと。クライアントには

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました