親と子を繋ぎとめるのは愛か執着か、それとも。映画『MOTHER マザー』は、ある殺人事件の語られなかった物語を紡ぎます。

メンズファッション
スポンサーリンク

親子の数と同じだけその関係性は存在します。けれど、どれが正しくて間違っているかというのは、時代がいくら巡れど、答えが出るものではありません。あらゆる芸術作品がこのテーマに果敢に挑むのは、その掴めなさゆえでしょう。
7月3日(金)に公開される映画『MOTHER マザー』もそのひとつ。実話をモチーフにしたフィクションで、母親と息子の関係性を通して親子の形を探っています。主演の長澤まさみを筆頭に、この映画に選ばれた者たちは、真正面からその凄惨たるテーマを受け止め、一本の物語として昇華しました。
[youtube https://www.youtube.com/watch?v=zxv534QgB4w&w=560&h=315]
〜STORY〜
男たちとゆきずりの関係をもち、その場しのぎで生きてきた秋子。シングルマザーの彼女は、息子の周平に奇妙な執着を見せ、忠実であることを強いる。そんな母からの歪んだ愛の形に、翻弄されながらも応えようとする周平。彼の小さな世界には、こんな母親しか頼るものはなかった。やがて身内からも絶縁され、次第に社会から孤立していくなかで、母と息子の間に生まれた“絆”。それは17歳に成長した周平をひとつの殺害事件へ向かわせる…。何が彼を追い込んだのか? 罪を犯してまで守ろうとしたものとは?ー。
17歳の少年が祖父母を殺害したという、実際の事件に着想を得て

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
HOUYHNHNMをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました