北九州市や九州電力グループと「電気自動車を活用したSDGs連携協定」を締結|Nissan

メンズファッション
スポンサーリンク
日産自動車は、北九州市と九州電力などとともに「電気自動車を活用したSDGs連携協定」を締結。今後は気候変動により激甚化、頻発化する自然災害などで電気自動車(EV)を活用させるとともに、EVの普及を促進し、低炭素社会を実現することで、北九州市が目指すSDGs達成を目指すという。NISSAN|日産北九州市や九州電力グループと「電気自動車を活用したSDGs連携協定」を締結日産自動車は、北九州市と九州電力などとともに「電気自動車を活用したSDGs連携協定」を締結。今後は気候変動により激甚化、頻発化する自然災害などで電気自動車(EV)を活用させるとともに、EVの普及を促進し、低炭素社会を実現することで、北九州市が目指すSDGs達成を目指すという。Text by YANAKA Tomomi災害時の非常用電源や、低炭素社会実現のためにEVを活用国から「SDGs未来都市」「自治体SDGsモデル事業」に選定されている北九州市。SDGsの達成に向けさまざまな取り組みを進めてきた。その一環として、EV普及促進にも努めており、すでにEVから電気を取り出す可搬型給電器の区役所への導入や、公用車にEVなど次世代自動車の導入などを推進している。日産もまた、日本が抱える環境負荷低減や災害対策などの課題を解決するため、2018年5月に日本電動化アクション「ブルー・スイッチ」を発表。全国の自治体や企業と協力してEV普

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました