“副産物”の水素とミライのユニットを活用し発電する実証実験をスタート|TOYOTA

メンズファッション
スポンサーリンク
トヨタ自動車と総合化学メーカのトクヤマは、燃料電池自動車(FCV)「ミライ」に搭載されている燃料電池システム(FCシステム)を活用した定置式の燃料電池発電機を山口県周南市のトクヤマ徳山製造所内に設置。副生される水素を利用した実証実験を開始した。TOYOTA|トヨタ“副産物”の水素とミライのユニットを活用し発電する実証実験をスタートトヨタ自動車と総合化学メーカのトクヤマは、燃料電池自動車(FCV)「ミライ」に搭載されている燃料電池システム(FCシステム)を活用した定置式の燃料電池発電機を山口県周南市のトクヤマ徳山製造所内に設置。副生される水素を利用した実証実験を開始した。Text by YANAKA Tomomi高性能かつ安価に電力を発生させ、水素社会実現を目指す国内有数の高純度な副生水素供給能力を持つ総合化学メーカーのトクヤマと、ミライの開発などで培った技術を持つトヨタがタッグ。副生された水素を使い、電力を発生させる実証実験をスタートした。トヨタ FC発電機トクヤマは山口県周南市で食塩電解法で苛性ソーダを製造。副次的に発生する副生水素をミライに搭載されているFCシステムを活用することで、高性能かつ安価に電力を発生させ、水素社会実現を目指すという。今回導入されたFC発電機は、2019年9月から愛知県豊田市のトヨタ本社工場内で実証実験中の定格出力100kWのFC発電機をベースに、トヨタ

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました