秋のパリコレ開催が決定 物理的なショーとデジタルの両軸で

大手メディア
スポンサーリンク


「ディオール」2020年春夏コレクション STEPHANE FEUGERE / WWD (c) FAIRCHILD PUBLISHING, LLC

 フランスオートクチュール・プレタポルテ連合会(Federation de la Haute Couture et de la Mode以下、サンディカ)は6月24日、2021年春夏パリ・ファッション・ウイーク(以下、パリコレ)の開催を発表した。会期は9月28日から10月6日までの9日間。「実施については公的機関の勧告に従う」とし、物理的なショーに加えて、専用のオンラインプラットフォームも活用する。
 サンディカは新型コロナウイルスの影響を受けて、夏に予定されていたメンズとオートクチュールのファッション・ウイークを中止。代替案として、7月6〜8日にオートクチュールの、9〜13日にメンズのオンラインショーケースを行う予定だ。
 しかし、「シャネル(CHANEL)」や「ディオール(DIOR)」をはじめラグジュアリーブランドやデザイナーズブランドを率いる経営陣やデザイナーからは物理的なファッション・ウイークの再開を望む声が多く、それが実現することになる。一方、「サンローラン(SAINT LAURENT)」は少なくとも今年のパリコレには参加せず、ランウエイショーも行わないとしている。
 他都市については、ニューヨークは「マイケル・

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました