西武池袋本店、休日の営業再開で館内にぎわう

大手メディア
スポンサーリンク


10時開店直後の西武池袋本店。入店客を誘導し検温、消毒を行った


入店客に検温を実施する従業員(右)




レジには飛沫感染防止シート


売り場には客用に消毒液を設置


久保田俊樹・西武池袋本店長


西武池袋本店

 西武池袋本店は23日、全館営業を再開した。営業再開は首都圏における緊急事態宣言の発効(4月7日)以来46日ぶり。この間営業を継続していた食料品フロアに加えて、“生活必需品”の範疇として衣料品、生活雑貨などのフロアを開放した。開店時間の午前10時になると、駅に直結した地下1階の入り口に長い列を作った客たちは従業員の誘導のもと検温、手指の消毒を済ませて入店した。
 売り場は美術、呉服、宝飾や化粧品、および一部取引先の店を除いて全館の7割が再開した。また、先に玉川、日本橋などで再開した高島屋では休業を続けていた婦人・紳士の特選衣料やハンドバッグも売り場のほとんどが再開。「エルメス(HERMES)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「グッチ(GUCCI)」「ロエベ(LOEWE)」「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」などラグジュアリーブランドが店を開けた。
 館内は週末ということもあり、2階婦人雑貨や7階インテリアなど比較的にぎわっていた。東京都北区の50代女性は「西武(池袋本店)は勤め先から徒歩圏内

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました