巣ごもり名人に聞く 「巣ごもりで茶道を極める」 IT企業広報・石井佑莉奈

大手メディア
スポンサーリンク


石井佑莉奈(いしい・ゆりな)/IT企業広報:1991年カナダ、トロント生まれ。日本の大学を卒業後シアトルに渡り、デジタルマーケティングを学ぶ。幼いころから慣れ親しんだグローバルな環境で学んだ知識を生かせるITの分野に携わりたいと思い、帰国後IT企業に就職し、現職

 新型コロナウイルス感染拡大で4月7日に緊急事態宣言が発令され、在宅勤務や外出自粛で巣ごもりを余儀なくされている人が多い。行楽シーズンのゴールデンウイークでさえ、どこにも行かず自宅で過ごさざるを得ないという未曾有の状況だ。「人に会えない」「外出できない」こんなときに、どうすれば巣ごもりライフをエンジョイできるか、今回はIT企業で広報を務める石井佑莉奈さんに聞いた。
WWD:自粛生活で新しく始めたことは?
石井佑莉奈(以下、石井):心のバランスを整えるために茶道を始めました。流派や点前作法、マナーなど細かいことは分からないのでオンラインで見よう見まねなのですが(笑)、楽しみながら挑戦しています。


購入した茶道具


この日合わせた和菓子は「空也」のもなか


ビターなエスプレッソと割って飲むのがお気に入り。個人的に相性が良かったのは、甘味が強めなウィルキンソンのトニックウオーター

WWD:巣ごもりを機に新しく買ったものは?
石井:器、茶せん、お抹茶などの茶道具一式。朝の目覚めの一服としてお

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました