戦略の時代に突入したインスタグラム 運用テクをインフルエンサーに直撃 Kazu編

大手メディア
スポンサーリンク






 「WWDジャパン」の3月23日号では、インスタグラムを特集した。単なるSNSではなく、「モノを売る場」や「検索の場」となっているインスタグラムの攻略術を担当役員への取材やSNSのプロフェッショナルによる座談会、アパレル企業へのアンケート調査などから探った。本記事では特集内で行ったインフルエンサーたちへのアンケート調査の回答をピックアップ。認知度がほぼない状態から、インスタグラムを駆使してインフルエンサーとして活動するに至った人物たちに、普段使うアプリや投稿で意識しているテクニック、月々の企業案件数などを聞いた。第5弾は、Kazuさんだ。
WWD:現在の職業と、普段のインスタグラムの投稿内容を教えてください。
Kazu:フリーランスでSNSマーケティングやメディア運営、オンラインサロン運営などをしています。インスタグラムでは、ファッションを軸にスタイリングやポートレートの投稿をしています。
WWD:投稿頻度はどの程度でしょうか。
Kazu:毎日投稿しています。
WWD:インスタグラムで戦略を立てる際に重要だと言われているインサイト(クリエイターやビジネスアカウントに切り替えることで見ることができる投稿分析機能)で重視している項目は?
Kazu:いいね!数、保存数、フォロワー外リーチ数を気にしています。いいね数は共感数、保存数は参考・見返したいという思いからつい

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました