増税、暖冬、コロナで積みあがった不良在庫に対応 コメ兵の「法人買取」が問い合わせ多数で延長

大手メディア
スポンサーリンク


コメ兵公式サイトの「法人買取」申し込みページ


 コメ兵は3月19日から、法人向けの在庫買い取りである「法人買取」のサービスを拡充している。昨年10月の消費増税、暖冬、そして新型コロナウイルス感染拡大というトリプルショックで、アパレルメーカーや小売店では不良在庫が積み上がり、業績を圧迫している。それを受けて「法人買取」では、契約成立後、最短で翌営業日に入金する仕組みを整えた。当初は27日までの予定だったが、「問い合わせも多く、ニーズがあるので期間は当面延長する」(広報担当者)という。
 申し込みから1週間前後の見積もり期間を経て、契約となる。従来は契約成立から入金まで3営業日ほどかかったが、「(新型コロナなどで状況が厳しく)キャッシュフローを意識するお客さまが増えているので短縮化した。事業継続の支援になれば」という。同社は個人客からのラグジュアリーブランドの買い取り販売が中心で、これまで「法人買取」については特に告知などをしてこなかった。それゆえ「法人買取」の問い合わせは「以前は月に1~2件だったが、19日からの1週間で既に5件の申し込みがあった」。大手や個店のセレクトショップが主だという。
 「法人買取」の商品も、個人から購入した中古品と同様にコメ兵の店舗やECで販売する。「関東の店舗では販売しないでほしい」といった要望にもできる限り対応するという。
 コメ兵の「法

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました