「フェムテック」座談会 女性だけのことじゃない、社会に可能性広げる新市場

大手メディア
スポンサーリンク

 「WWDジャパン」2月17日号、「WWDビューティ」2月20日号で、合同企画「フェムテック特集」を刊行した。“フェムテック”とは、フィメール・テクノロジーの略で「女性が抱える健康問題をテクノロジーで解決するサービスやモノ」を指す造語だ。ただ、今や女性だけでなく、またいわゆるテクノロジーだけではない広がりを持つフェムテック。特集を担当した「WWDジャパン」記者2人と、「WWDビューティ」記者2人とで座談会を敢行。取材を進めた彼らが今、時流とも言えるフェムテックをどう捉え、どう感じたのかーー。
座談会参加者
大杉真心:「WWDジャパン」記者
美濃島匡:「WWDジャパン」記者
竹田紀子:「WWDビューティ」デスク
浅野ひかる:「WWDビューティ」記者
福崎明子:「WWD JAPAN.com」デジタルデスク
福崎明子「WWD JAPAN.com」デジタルデスク(以下、福崎):昨年11月に、大丸梅田店が作った自主編集売り場「ミチカケ」を機に、“フェムテック”が動き出した印象です。今回、なぜ特集をしようと思った?


ドイツ発の月経カップ「メルーナ」


ドイツ発の月経カップ「メルーナ」

大杉真心「WWDジャパン」記者(以下、大杉):昨年5月18日号に行った「フェミニスト特集」の取材をしている時に、フェムテックという言葉が出てきて気になり出しました。女性が代表を務める企業で成

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました