新型コロナの影響でバイヤー激減のパリコレ 日本からの参加ブランドはこの窮地をどう乗り切るか?

大手メディア
スポンサーリンク



「アンリアレイジ」2020-21年秋冬コレクション PHOTO : KIM WESTON ARNOLD

 2月24日から3月3日まで開催された2020-21年秋冬パリ・ファッション・ウイークは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、中国や日本を中心にバイヤーの渡航キャンセルが相次いだ。また、中盤にはアメリカなどのバイヤーが立て続けに予定を前倒して帰国した。しかし、ブランドにとって展示会でのセールスや商談は次のシーズンのビジネスに直結するもの。特に卸を軸にしていればその影響は大きく、日本のブランドでも海外市場向けのセールスをパリのみで行っているところは多い。では、現地の展示会に足を運べず実際のアイテムを見られないバイヤーが多い中、具体的にどのようなことに取り組んでいるのか?パリでコレクションを発表した日本のブランドに3つの質問に対する回答を求めた。
質問1:海外卸先へのセールスの結果は?
質問2:パリに渡航できなかったバイヤーに対して、何かいつもと違う取り組みや配慮は行ったか?
質問3: 2019-20年秋冬や20年春夏と比べて、オーダーの傾向に変化はあったか?
ANREALAGE(アンリアレイジ)


「アンリアレイジ」2020-21年秋冬コレクション PHOTO : KIM WESTON ARNOLD


「アンリアレイジ」2020-21年秋冬コレクショ

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました