シュプリームとナイキだけが「フリマアプリ」でバカ売れする理由

ファッション総合
スポンサーリンク
2018年、楽天が運営するフリマアプリ「ラクマ」のブランド別取引件数ランキングに“異変”が起こった。Supreme(シュプリーム)とNIKE(ナイキ)のストリートブランドが1位、2位に急上昇したのだ。続く2019年もNIKEが1位、Supremeが2位とトップを独占。まさにラクマにおける「2強」ブランドとして君臨している。
1990年代から2000年代初頭にかけて若者を虜にしたストリートファッショ
Source: グノシー

リンク元

スポンサーリンク
ファッション総合
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました