日本の+81からスタートした東京発コレクション

メンズファッション
スポンサーリンク
日本のダイヤルコード“+81”から命名された東京発の新コレクション 「VAINL ARCHIVE」大北幸平氏によってこだわり抜かれたアイテムが登場 「Reebok eightyone」2020年2月28日(金)より順次発売グローバルフィットネスブランドのリーボック(所在地:東京都港区六本木一丁目 9 番 10 号、アディダス ジャパン内)は、2020 年春夏 より、ファッションブランド「VAINL ARCHIVE(ヴァイナル アーカイブ)」の大北幸平氏をデザイナーに迎え、アパレルアイテムを軸にしたスペ シャルコレクション「Reebok eightyone(リーボック エイティーワン)」を2020年2月28日(金)より順次発売本コレクションでは、これまでのリーボックには存在しなかった、カラーコンビネーション、素材使い、シルエットが備わったアパレルアイテムを中心に、リーボックを代表するスニーカー「ZIG KINETICA(ジグ キネティカ)」や、「INSTAPUMP FURY(インスタポンプ フューリー)」(4 月発売予定)など、多くのアイテムが登場。
「Reebok eightyone」のこだわり抜かれたアイテム今作のデザインは、「過去と現在を含め、数あるリーボックのプロダクトの中において、『Reebok eightyone』では”違和感”を出すことが一番の目的だった」と大北氏が語る

リンク元

スポンサーリンク
メンズファッション
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました