ポーラ・オルビスHD19年12月期は売上高11.5%減 新型肺炎の影響で2020年の通期計画を下方修正

大手メディア
スポンサーリンク




 ポーラ・オルビスホールディングス(HD)の2019年12月期連結決算は基幹ブランド「ポーラ(POLA)」のインバウンド売り上げの減少などが影響し、売上高が前年比11.5%減の2199億円となった。営業利益は同21.2%減の311億円。前連結会計年度にナチュラルスキンケアブランド「ジュリーク(JURLIQUE)」の固定資産の減損損失や医療品事業事業整理損などの特別損失を計上したことが影響し、純利益は同134%増の196億円だった。
 事業部別ではビューティケア事業の売上高が同7.1%減の2148億円。「ポーラ」は中国本土や韓国で高成長が続いたものの国内が中国のEC法(電子商取引法)施行による影響でこれまで支持が高かった美容健康食品を中心とするインバウンド需要が減少し、売上高が同9.8%減の1355億円、営業利益は21.6%減の255億円だった。
 「オルビス(ORBIS)」は、エイジングスキンケアシリーズ「オルビス ユー」、特定保健用食品の「オルビス ディフェンセラ」で新規顧客の獲得に成功した一方で、戦略的に購買層を絞りこみ既存顧客が減少し、売上高が同0.6%減507億円、営業利益は同0.9%減の92億円で着地した。また育成ブランドに掲げる「THREE」は売上高が同7.2%増の110億円、営業利益が同53.2%減の4億円だった。
 不動産事業の売上高は同3.2%減の2

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました