アリババ、新型肺炎の影響で第4四半期の売り上げ減少を示唆 傘下の物流会社は通常の2割以下の稼働率

大手メディア
スポンサーリンク


中国広州市でマスク販売の列に並ぶ人々 ALEX PLAVEVSKI / EPA-EFE / SHUTTERSTOCK (c) FAIRCHILD PUBLISHING, LLC

 中国最大手EC企業のアリババ(ALIBABA)は、新型コロナウイルスの影響で2020年1~3月期(第4四半期)の売上高が予想を下回ることを示唆した。
 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、中国政府は1月末までだった春節(旧正月)の連休を2月3日まで延長したが、縫製を含めた製造工場は2月9日までの休業が通達されていた。現在は一部の企業活動が再開されているが、資材調達や従業員の確保がネックとなり、操業の正常化はまだ遠い状態だ。
 マギー・ウー(Maggie Wu)最高財務責任者は、「商品やサービスに対する需要はあるが、中国国内のオフィスや工場、店舗が休業しているため通常のように生産することは難しい。最終的にどの程度の影響となるのか現段階では分からないが、2月に入ってからの12日間ほどを見ると、成長率にマイナスの影響があることは避けられないだろう。特に多くのメーカーが出店する国内のマーケットプレイスが打撃を受けている。しかし現在の状況は一時的なものであり、長期的には中国市場と当社が成長軌道にあることを確信している」と語った。
 アリババ・グループ傘下のスマート物流プラットフォーム会社、ツァイニ

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました