「グランドセイコーブティック 大阪心斎橋」が13日オープン 世界最大級の品ぞろえ

大手メディア
スポンサーリンク


12月13日にオープンした「グランドセイコーブティック 大阪心斎橋」


内装は「グランドセイコー」のブランドカラーである紺を基調とする


グランドセイコーブティック限定モデルの“SBGE251”(132万円)


グランドセイコーブティック限定モデルの“SBGJ235”(67万円)


グランドセイコーブティック限定モデルの“SBGA401”(52万円)

 セイコーウオッチは12月13日、大阪・心斎橋に西日本初の路面店で世界最大規模の「グランドセイコーブティック 大阪心斎橋」をオープンした。売り場面積は約170平方メートルで、「グランドセイコー(GRAND SEIKO)」のみ約200点を扱う。
 ブティックには個室の接客スペースを2カ所と、それとは別にサロンスペースも設け、専門スタッフが商品選びをアシストする。サロンスペースでは定期的にイベントを開催し、「グランドセイコー」の魅力を発信する場としても活用するという。またブティック限定アイテムも扱う。
 「グランドセイコー」は1960年に誕生。精度、視認性、耐久性など、時計の本質とも言える機能を追求してきた。2010年からは本格的にグローバル展開をスタートさせ、同社の伝統と先進技術を融合させたメイド・イン・ジャパンの高級時計を提案。17年春には“Grand Seiko”のロゴを12 時位置に配し、独

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました