佐々木希が語る 「アンティミテ」は“自然体の私”が望むもの

大手メディア
スポンサーリンク


佐々木希 PHOTO : SHUNICHI ODA

 アンセミックが運営する佐々木希プロデュースのワンマイルウエアブランド「アンティミテ(INTIMITE)」は、初となるポップアップストアを伊勢丹新宿本店で17日までオープンしている。25日~10月1日には名古屋三越栄店で開く。これまでECのみで展開してきたが、初めてリアルで服を見せる場を設けた。ポップアップイベントを前に取材に応じた佐々木本人に、ブランド立ち上げのきっかけから服へのこだわり、今後の展望までを聞いた。
 多くの洋服に袖を通してきたであろう彼女に「服に一番求めていることは何?」そう尋ねると、少しはにかんで答えた。「着心地も、機能も、見た目も、ですね。私、すごく欲張りなんです(笑)。20代のころに選んでいた服は、とにかくデザイン重視で、カッコよくて、可愛くなきゃ着たくなかった」。だが自身の女性としてのライフステージの変化につれ、「だんだん、自分の生活のリアルな部分と向き合う機会が増えました。いくら見た目がよくたって、チクチク、ごわごわしてたら……私自身、肌が弱いのに、こんなの着なくていいじゃんって思うようにもなりました」。


ポップアップストアを前に取材に答えた佐々木希 PHOTO : SHUNICHI ODA

 「アンティミテ」はそんな自然体の彼女が届ける日常着だ。「そのまま外に行けるような部

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました