ハイジュエリーの後発組「グッチ」の戦略は? ITのプロ「WWDジャパン」最新号につぶやく

大手メディア
スポンサーリンク
 大手通信会社に入社後、国内外でITソリューションを提供するビジネスマンが、今週のファッション週刊紙「WWDジャパン」で気になったニュースを要約してお届け。最先端のテクノロジーから企業と、その利用者が必要とするものについて考え続けたITのプロ、CKRが未来的視点からニュースにつぶやきを添えます。
今日のニュース:P.8-9「『グッチ』も参入 渾身のハイジュエリーがパリに集結」
1
/
1


「WWDジャパン」8月19日号から抜粋

読み解きポイント 後発「グッチ」は、ひねりを加えることで攻勢
<ニュースのポイント>
 パリ開催のオートクチュールウィークである7月に、各ジュエラーが新作ハイジュエリーを発表。VIP顧客の消費意欲を掻き立てるため、ヴィラや宮殿で、食事、エンターテインメントを交えたイベントを開催し、おもてなしを兼ねた発表を実施。聖地ヴァンドーム広場でも、各ブランドが顧客体験の充実に向けた改装を実施中。
<CKRはこう読む!>
 「200」。「グッチ(GUCCI)」がクチュールウィークで発表したハイジュエリー・コレクションの数です。その多さに驚かされますが、後発の「グッチ」がハイジュエリー市場でインパクトを与えるためには、必要な数字だったのかもしれません。
 「後発企業が新たなポジションを獲得する」。この戦略を実現できた秘密は、アレッサンドロ・ミケーレ(Ale

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました