峰なゆか「美術館で殴られた」はウソ? 過去には盗作疑惑に沈黙も……都合良く話を盛った?

芸能情報
スポンサーリンク
 漫画家の峰なゆかによる「車椅子の男に殴られた」という発言の波紋が広がっている。
 騒動の発端となった出来事は15日に起こった。東京都美術館で開催中の『クリムト展』で絵画を鑑賞していた峰が、『急に車椅子に乗った男に殴られ、無抵抗でいるとさらに無言で2~3発殴られた』というのである。峰はやり返そうと思ったものの『峰なゆか障害者男性に暴行』などと言われることを避けるため、泣く泣く黙って医務室へ向かったそう。
 この件を掲載した峰のSNSには3万4,000件以上の“いいね”が付き、コメント欄にも「その男性がおかしい。警察に行くべき!」や「口頭で謝るだけの美術館の対応はおかしい」などと擁護の意見が殺到。美術館は峰に謝罪し、17日には公式HPにも「お詫びと今後の対応について」という一文を掲載した。
 これでようやく溜飲を下げた峰は同日「今回の件で障害を持っている方全体を非難するようなツイートをちらほら見かけるのですが、そういうことはやめてください」とツイート。事態は収束した、かのように見えた。
「美術館の謝罪と峰さんのツイートで騒動は一度おさまったのですが、あるニュース媒体の取材によって、防犯カメラを確認した美術館の広報担当者が『絵画を鑑賞する車椅子の男性の前に峰さんが立っている形になり、これに対し、男性は、峰さんを複数回にわたって手で払っていた』と話していることが明らかになりました。峰さん

リンク元

スポンサーリンク
芸能情報
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました