“捨てる服はもういらない” 女性に支持されるオーダーブランド「ミカコ ナカムラ」の古くて新しいビジネスの形

大手メディア
スポンサーリンク


銀座・和光で開催中の「ミカコ ナカムラ美のミュージアム」展から


銀座・和光で開催中の「ミカコ ナカムラ美のミュージアム」展から


銀座・和光で開催中の「ミカコ ナカムラ美のミュージアム」展から

 管理職や士業の女性を中心に支持を広げているウィメンズのオーダーブランド「ミカコ ナカムラ(MIKAKO NAKAMURA)」は、6月13日から19日まで、「ミカコ ナカムラ美のミュージアム」展を銀座・和光本館6階のホールで行っている。ブランド設立15周年を記念したもので、立ち上げからこれまでに製作してきた900体のうちの80体を出展。9つのカテゴリー別に、さまざまなシーズンの商品をミックスして展示している。同ブランドは2004年の立ち上げ以来、“捨てる服はもういらない”というメッセージを打ち出してきた。オーダーメードを採用し、常にお直しも受け入れてきたのもそうした考えからだ。サステイナブル意識が一般化しつつある今となってはなじみのある考え方だが、ブランドを立ち上げた2004年といえば、ファストファッションが徐々に盛り上がりつつあった時期。ファッション業界内でもやや異色の存在だった。中村に15年間を振り返ってもらった。


中村三加子:テキスタイルデザイナー、アパレル企業でのデザイナーを経て、1993年にオールウェイズ立ち上げ。さまざまなブランドの企画、コンサ

リンク元

スポンサーリンク
大手メディア
adminをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました